バイト経験者インタビュー・六本木ビゼ

バイト経験者インタビュー・六本木ビゼ

今回の「バイト体験者インタヴュー」は、六本木クラブのバイト編です。

昼は看護師のお仕事をしながら週2ペースで六本木ニュークラブで働くDさんに、ニュークラブバイトを選んだきっかけや実際に働いて感じた魅力や特徴、やりがいについてお聞きしました。

六本木クラブ「ビゼ」のバイト求人

インタビュー元の店舗イメージ

バイトの求人に申し込んだきっかけ

ニュークラブのバイトに応募しようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

はい。以前にキャバクラでのバイトの経があり、今回またナイトワークを再び始めようと思った際に、以前の勤務先であった店舗のグループ店舗がいいなといのがまず最初の希望でした。そのお店は働きやすかったので、同じようなお店づくりやスタッフ環境がいいなという理由で、同グループのお店を希望しました。今回は年齢的にももう少し落ち着いた感じで、少しクラブの雰囲気もあるようなお店がいいなといことで、同グループ内で該当するお店がビゼでしたので、ビゼに申し込みました。

クラブの雰囲気も少しあり、、とは、ニュークラブはクラブではないのでしょうか?

はい。ニュークラブはクラブではありません。名前は似ていますが、異なります。

自分のスタイルにあったバイト業種選び

クラブとニュークラブの違い、未経験の方にも分かるように教えていただけますでしょうか?

はい。大まかではありますが、ニュークラブはお仕事内容やら給料システムの面において、業種でいうならばほぼキャバクラと同じととらえて良いかと思います。お客様に対してマンツーでの接客、給料も時給制とその点でキャバクラと同じです。一方、クラブはマンツーでの接客ではなく、お客様のいるテーブルに対して、複数のキャストで接客をします。給料システムも時給制ではなく、日給制になります。1日働いて、1日の日当がいくらですよというシステムです。

なるほですね。クラブの雰囲気を希望していたとのことですが、クラブを選ばなかった理由などありますでしょうか?

はい。クラブでは先ほども申し上げた通り複数での接客になりますので、キャスト同士の連携プレー、チームプレーが重要とされます。私にとっては、そういった点でマンツースタイルの方が向いていそうだなと感じ、クラブは選びませんでした。

つまづいたことやその対処法

では実際に働いて感じた六本木ビゼの魅力は何でしょうか?

はい。落ち着いた雰囲気のほかにも、その「待遇」「ブランド力」「客単価の高さ」が魅力でした。待遇に関しては、おそらくニュークラブ業界でも頭ひとつ抜きんでた高待遇だと思います。また、知名度も高く、業界最高峰店と位置付けられているお店ですので、肩書きとしても文句なしのお店だと思います。今後のキャリアに十分生かせるブランド力のあるハイステータスのお店です。また、その位置付けにふさわしい価格設定になっていますので、客単価の高いお客様がメインになっています。

最高級店としてプレッシャーを感じたり、つまづくことはありますか?

もちろん、全くないといえば嘘になります。お店で働く女性はみなさん容姿端麗ですし、他店で実績をつみあげて移籍している方も多いお店ですので、ハイレベルな職場にいるというプレッシャーはあります。ですが逆に、その職場で働いてる自分に誇りも感じれてやりがいも感じます。

*会員制ラウンジバイト求人専門サイト [リラウンジ/RELOUNGE]*